不動産を最大限活用する為のヒント

住宅を売却する

マンションでも一戸建てでも、マイホームを持っているけれども、購入当時からのライフスタイルや家族構成の変化、環境や経済状況の変化など、住まいを売却しようと思うのには、いろいろな理由があると思います。まず住宅を売ろうと思ったら、子どもが大きくなったので、広い家に住み替えたい、定年を機に田舎に引っ越したい、など、売却する理由を具体的に挙げて整理してみましょう。
その上で、住み替えの時期はいつ頃がいいのか、手元に資金がどの程度あるのか、など、自分自身の希望と経済状況などについて確認します。
これらを整理をすることで、希望の売却価格や時期などの条件や、売却後新居を購入するか、賃借するのか、もしくは、今の住まいは売却しないで賃貸するなどの住み替えのイメージを持つことができるでしょう。賃貸に出すとなると、確定申告が必要だったり、それなりにわずらわしい作業も発生しますし、空室リスクも抱えることになるため、売却することを選択する人が多いと言えるでしょう。また、居住用不動産を売却する際にも、費用が発生するので、次に購入する住宅の費用とは別に、売却のための費用を準備しておなかなければなりません。

Copyright (C)2014不動産を最大限活用する為のヒント.All rights reserved.